GoProをバックパックに取り付けて撮影!いっそ純正のバックパック購入のほうが?

GoProでのアウトドアの撮影、海でも山でももちろん問題がなく出来るので、ますます盛んになってきました。

もちろん夏でも冬でも、サーフィンでもスキーでも使用撮影が可能です。

でもアクセサリー色々と必要な場合もありますね。

だったらいっそ、特に山関係のレジャーメインの人には純正バックパックの購入考えてみませんか。

海でも山でも大活躍のGoPro

何しろ頑丈で、しかも防水も標準装備のGoProです。

海でも山でも、どんなシーンでも撮影ができるので、今人気爆発中です。

スマホで十分撮影がと思っていた人でも、1回GoProを使用してしまうと病みつきになってしまいます。

何と言っても防水などの機能性の高さと、両手が使えるというのが最大の特徴です。

スマホやデジカメの場合、どうしても最低片手はふさがった形での撮影になります。

一眼レフになったら、もう両手使いですよね。

なにかしながらという場合には、向きません。

シュノーケリングやサーフィン、登山の最中などには両手使えなければ危険です。

特に雪山でのスキーやスノーボードの撮影の場合、GoProは大きな力を発揮します。

滑りながらでも、問題なく撮影ができるというのは大きなメリットです。

しかも身体に固定しての撮影なら、自分目線での記録が残せるのです。

とは言えそれなりの小物も必要

両手が使えると言っても、そのままでは無理です。

身体や洋服、バッグとか帽子、ヘルメットなどなどに固定して使う必要があります。

この固定するためのマウントは、購入しないといけません。

マウント自体の種類も様々なので、全部揃えると結構お財布も軽くなるのはちょっと悲しいところです。

そしてそれなりの準備の末に、両手がフリーで撮影ができるようになるのです。

このマウントの取付などが面倒だという人も、実はいるんですね。

これが面倒なんで、GoProの使用を見送っている人も、結構多いのです。

でもこの小さな面倒を耐えさえすれば、大きな結果が生まれるのですから苦労するかいはあります。

でも苦労はやはり、回避したいと思うのはこれ当然のことでもあります。

それでもという人にはいっそ

でもやっぱりなあという人におすすめなのが、GoPro純正のバックパックです。

流石に海のレジャーには向きませんが、山関係のレジャーならこれにおまかせできますよ。

GoPro純正のバックパックなので

何よりも純正ということで、信用度はかなり高いです。

ファスナーなども防水のものが使用されていますし、ポケットや区分けの数も多いです。

加えてもちろん、GoPro収納用のルームも用意されています。

5台収納ができて、しかも頑丈な作りになっているのが嬉しい限りです。

バックパック全体が頑丈にできているので、ゲレンデなどで転んでも中身をかなり守ってくれる作りになっています。

アクセサリー類が全部収納できるのが、やはり何より助かりますね。

ショルダーマウントとチェストマウントが

ショルダーマウントとチェストマウントが付属品になっているのも、これもありがたいですね。

ショルダーマウントの場合、肩紐にマウントがあるので、すぐにGoProの取り付けが出来ますから、面倒もなく撮影に入れます。

チェストマウントはバックパックを背負ってから取り付けますが、これも簡単に取付可能で面倒がありません。

ショルダーマウントは身体の左側にGoProを固定、チェストマウントはセンターに固定の形になります。

手間を掛けずにこの2箇所に固定可能なのです。

サイスや値段はどんな感じ

収納力は16リットルなので、充分に荷物の収納ができます。

高さが50センチなので、女性でもかなり小柄な人以外は使用できますね。

自重は普通のバックパックに比べるとちょっと重めですが、それでも1キロは行きませんから軽めと言っていいでしょう。

お値段はと言うと、流石にちょっとバックパックとしては高め設定です。

参考価格として2万円弱で出ていますが、販売店によってもう少し安く手に入る可能性があります。

純正品の強み

実はこの手のバックパック、すでに非純正品も出ています。

かなり値段的には安く販売されています。

どちらにするかはお財布とかと相談の上になりますが、流石に純正品の場合はGoProの性能やサイズなどしっかりと踏まえて作られていますので、安心感があります。

またデザインにしても、外から見ると大変にシンプルで格好いいのが特徴です。

てらいのないデザインなのが、大人っぽいですね。

身体にぴたっとフィットするようなデザインなので、背負っていてじゃまになりません。

特に雪山での撮影には、このバックパックは大変に便利です。

貴重品や必要なものだけ入れてゲレンデで滑りつつの撮影が、このバックパックひとつで可能になりますね。

雪山のレジャーにGoProでの撮影を考えている人には、1つあれば大変に便利な品ということで、おすすめできる製品です。

まとめ

GoPro純正のバックパックの場合、ベースの基準が完全にGoProなので使っていても安心できます。

アクションカメラ自体、それこそアクションシーンで使用するものですから、それを固定したり入れておくバックパックにも凝っておきたいですね。

純正のバックパック、これはおすすめです。