GoProの購入を考えているならGoProHERO8blackが圧倒的おすすめの理由

アクションカメラの代名詞と言われているGoProですが、毎年新しいシリーズが発売されています。

その中でも新モデルと言われるHERO8blackは従来のGoProとは設計なども変わってきており、形状やサイズ感など今までのGoProとは違います。

どこが変わったのか、なぜおすすめなのかを紹介していきます。

従来のGoProと変わったところ

フレームがない

HERO8blackの1つ前のHERO7よりも若干大きめ作られていますが、実際手に待つとそれほど大きさの違いはわかりません。

HERO7にはフレームがついていますが、新モデルにはフレームがないので、逆に小さく感じるかもしれまさん。

フレームレスで使いやすくなっただけでなく、本体の底をみると折りたたみ式のマウントリングがあり、使わない時は本体にしまうことができるので、これまでの面倒な作業が少し軽減されました。

バッテリーやメモリーカードを交換する時は従来のモデルより少し手間取る事もあり、本体の側面に新しく取り付けられていますがとても狭いので、手が大きい人だとmicroSDを出し入れする時に少し苦労するかもしれません。

またレンズのデザインも新しくかわったので、今まで使っていたのを取り付けることができなくなりまし。

ですが、ガラスが強化ガラスに変わったこともたり、過酷な条件で使用する方には購入をおすすめできます。

拡張アクセサリーが豊富

これまでのGoProはアクセサリー類というとカメラ本体に取り付けて撮影の幅を広げるというのがほとんどでしたが、GoPro HERO8blackで発表したアクセサリー類はこれまでのモデルのものとは全然違うアクセサリーになっています。

それがモジュラーと言われている3つの製品で、メディア・ライト・ディスプレイモジュラーの3つがあります。

1つづつ説明していくとメディアモジュラーはマイクであったりHDMIの出力の役割があり、ライトモジュラーはLEDライトをもっており、距離が近い被写体の撮影をする時にフラッシュのような役割を果たします。

最後にディスプレイモジュラーはGoProを自分側に向けた時でも自分の映る姿を確認できるような機能を搭載しています。

従来のGoProと性能の違い

手ブレ補正が進化

従来モデルでも手ブレ補正はしっかりとされていましたが、HERO8blackではさらに手ブレ補正を向上させたHyperSmoothが搭載されています。

色んな撮影をすると思いますが、主にアウトドアやマリンスポーツで使うことが多いGoProは振動が多々あるシチュエーションがほとんどだと思います。

動画を撮影する時にブレてしまうと視聴者からすればあまり気分がいいものとはいえません。

その手ブレを抑えた動画を撮影するとに有効と言われてきたのが、ジンバルですが、それに限りなく近い状態で手ブレ補正をしており、さらに性能を向上するためにHyperSmooth2.0を搭載したいるのがHERO8blackです。

滑らかな映像が撮れる

先程手ブレ補正でHyperSmooth2.0を搭載しているといいましたが、従来のものだとで急な振動が生じてしまった時に自然な手ブレ補正のような効果を体感することはなく、どことなく不自然な映像になる事が大半でした。

ですが、HyperSmooth2.0を搭載しているため、急な振動に対しても不自然に見えることがない手ブレ補正があるので、撮影も自然なになめらかな映像が撮る事ができます。

手ブレ補正を段階調整することが可能

HyperSmooth2.0が追加されたことで新機能の手ブレ補正交換をオンオフだけでなく高、ブーストと4つの中から自分で選ぶことができるようになりました。

従来のHyperSmoothは例えばビデオの安定性を優先してしまうと、動画の記録として解像度どあったりフレームレートを犠牲にしてしまう組み合わせになっていましたが、その問題を解決して、どのフレームレートであっても解像度であっても交換を体感できるようになっています。

1つ注意点としてブーストはその中でもより強い手ブレ補正を実現できるモードになります。

それを選択した場合に限りなく、フレームレートと解像度が制限されてしまうので、かなりの振動が生じる事が多い撮影をするのでなければできるだけ使用をさせることがベストです。

タイムプラスの可能性が広がる

従来のGoProにも新機能として搭載されていたタイムプラス撮影ができるようになった新機能がTimeWarpですが、それをさらに向上しタイムプラス撮影の速度を自動的に調節してくれる昨日がHERO8blackには搭載されています。

従来であれば、TimeWarpは自分で2倍など速度を指定する必要がありましたが、どの速度を選べばどれぐらいな動画になるのか、どれぐらいの速さで動くのか判断が難しかったです。

ですが、HERO8blackに搭載されているTimeWarp2.0はカメラ側が自動的に調節をしてくれるので、撮影前に指定して確認したら速すぎた、遅すぎたなどの失敗をすることがありません。

もちろん手動で指定して撮影をすることもできるので、好きな方で選べるのがHERO8blackのいいところです。

まとめ

世代ごとに変わっていくGoProは毎年新しいシリーズが出ていますが、もし今GoProの購入を検討しているならGoPro HERO 8 blackが圧倒的におすすめです。

これまでのGoProも性能は素晴らしかったですが、さらにその性能を上回る機能を搭載しておいるので、よりアクティブな動画を撮ることもできます。