GoProに必要なスタビライザー おすすめ5選を比較して紹介

GoProの手ブレを抑えてくれる安定化装置の役割をするのかスタビライザーです。

電動式素晴スタビライザーはとても人気がありたすが、値段もかなり高くGoProよりもいい値段がする物もあります。

そこで今回はどんなスタビライザーがおすすめかのか5つ紹介していきます。

GoProのスタビライザーおすすめ5選

Karma Grip

これはGoPro用に開発されたGoPro専用の純正スタビライザーになります。

純正品になるので、安心感と便利さがおすすめで、GoPro HERO5ブラックやSession、HERO4blackなど他のGoProもフルコントロールできるだけでなく内蔵バッテリーが搭載されており2時間は使うことができます。

外でアクティブな撮影に使うことだけでなく日常的なシーンにも使うことができます。

カメラの装着など挙動が安定していてスムーズですし、使いやすさがいいです。

電源のオンオフやモードを切り替えるなど色んな操作を簡単に手元でできるのもいいですし、純正なので、もし不具合が起こってもGoProからのサポートを受けることができるので、安心して使えるのがおすすめポイントですよ。

また色んなアタッチメントとの互換性も高いため、装着して使えるなど自由にカスタムすることができます。

クチコミではたまに1部の動作音が大きく感じることがあら撮影に影響があると言っている方もいますが、GoPro自体の音声性能はそれほどよくないのであまり気にしなくていいですよ。

初心者の方には2時間の駆動時間が短いかもしれないので、モバイルバッテリーを持ち歩くようにするといいですよ。

Feiyu Tech G6

これは最近のスタビライザー開発でも世界をけん引していると言われている注目スタビライザーで、自動制御機器メーカーが発売している物になります。

専門性と高品質、継続的改善をモットーにしている優良な企業が作っており、丁寧に作りこんでいるモデルになります。

専用のアプリで遠隔操作もできますし、ムービングタイムラプス機能などもついており多機能性があります。

駆動時間も6~8時間という長時間ですし、3脚を取り付ける事を可能にしており、お客様目線の使い勝手の良さがあります。

Amazonでも取り扱っておりユーザーの評価もとても高いそうで、本当に品質のいい製品だというのが分かると思います。

サポートに関してもしっかりしているそうですし、絶対に純正品じゃないとダメだというこだわりがなければ有効に使えますよ。

Zhiyun Smooth4

スマホガジェットの開発で急激に成長をしえいるZhiyun社から発売されているスタビライザーで、その中でも最新モデルSmooth4でになります。

1つ前のモデルにあったSmooth-Qという機種もあり、これは高機能なのにはリーズナブルな価格を実現したと言われており、電子スタビライザーでは一躍ブームを巻き起こしたモデルになります。

Smooth4はその後継機器ということで、料金は1つ前のリーズナブルな価格そのままで、性能だけを上げているといわれていたため、発売前からとても人気がありました。

このスタビライザーはスマホで利用されるモデルになりますが、GoPro用のアダプターを取り付けることでGoProに使うこともできます。

最大の特徴としてはやはりコスパの良さが凄くて、価格は1万円代で購入てまきるにもか変わらず品質が高く、3軸カメラでも安定かをはなる為に色んな方向性からくる振動にもしっかり対応されています。

そしてく駆動時間がはさいだい12時間とうのともあり、長時間の撮影にもは便利です。

昨日と品質は1等級でスタホとGoProどちらでも使い出さたい方におすすめでよ。

hohem

このスタビライザーは色んな撮影機能をため閉めるといわれており、中国のベンチャー企業が開発しているもので、毎年質のいい商品を発売しています。

GoProHEROの3.4.5.6に対応している対応力があり、3軸制御で手ブレを強力補正できる機能が搭載されており、180℃・360℃のパノラマ撮影できる機能も搭載しています。

また内蔵バッテリーを駆使して使えば4時間撮影することもできるので、長時間の撮影をする方にもおすすめです。

スタビライザー初心者でも使いやすく、動作が安定しているのが魅力で、同じようなランクのスタビライザーの中でも最安値といわれており、入門機として最適です。

VEROMAN

軽くて丈夫なのにリーズナブルな価格を求めている方におすすめのスタビライザーが、VEROMANです。

のれは電子制御でなく手動で調整しながら安定した撮影ができるスタビライザーなので、電子スタビライザーよりもより安く買うことができます。

アルミニウム合金を使っているので軽量な上丈夫な作りになります。

これはら海外製品になりますが、説明書は日本語のものも入っているので、使い方に困ることはありません。

まとめ

スタビライザーにそれぞれメーカーによって機能や駆動時間価格なども異なるものが多いです。

初心者入門から買い替えを検討している方にもおすすめなスタビライザーが沢山あります。

GoProでの撮影で手ブレを抑えながら楽しんでみてください。