カテゴリー: GoPro(ゴープロ)

GoProの録画時間ってどの程度できるの?できるだけ長く録画したい!

GoProの録画時間ってどの程度できるの?できるだけ長く録画したい!

どこにでも持って行けて、しかもどんなシーンでも撮影が可能なGoProは今や大人気です。

普通の日常での撮影から旅行、海山のレジャーまで利用できますから、1台あればこれに越したことはありません。

でも問題は、この録画撮影のできる時間の長さですね。

GoProは本当に便利なカメラ

アクションカメラと言われるカメラ自体、何よりも防水性に代表される機能や、小型軽量であることなどからあらゆるシーンでの撮影に使われています。

しかもGoProの場合、その映像の質もよく4Kでの撮影も可能なのですから、映像の質にうるさい人でも納得のできる質の撮影が可能です。

小型軽量なので身体や衣服、荷物などにも固定できますから、両手を使わなくてはならない状態での撮影も楽にできます。

完全に自分目線での記録も撮れますし、自撮りも可能です。

これで人気が出なかったら、それこそおかしいですよね。

しかし問題は、充電式の機械に全て共通の悩み、その稼働時間です。

GoProの場合は、撮影録画の可能な時間ですね。

これがどの程度なのか、どの程度長持ちしてくれるのかというのは、これからGoProでの撮影を考えている人には、気になるところですね。

そのあたりをよく把握してから、撮影開始したいというものです。

GoProの撮影時間とは

GoProや他の充電して使用する機械で最も大事なのはもちろん、バッテリーのもちです。

これが短ければ使い勝手は大変に悪くなってしまいます。

でも撮影時間と言うのは、このバッテリーのもちの長さだけで決まるものではないのです。

とは言えまずはバッテリー

バッテリーにフル充電されているか、バッテリー自体のもちが良いかはこれは大変にベーシックででも重要なことです。

何よりも撮影時間に関わってくるのは、このバッテリーについてです。

GoProも機種によって、このバッテリーの駆動可能時間にも差があります。

このあたりも購入前にチェックすることをおすすめします。

使用しているmicroSDカードの容量や残量

こちらも当たり前なのですが、使用前によく見ておかなくてはいけません。

特に日常的にGoProを利用している人の場合、ついうっかりでカードの残量が少なくなっていることもあります。

空き容量が少なければ、それは撮影時間や録画時間に直接関係してきますね。

あまりに初心者的なミスですが、これベテランでもやりやすいので注意が必要です。

撮影設定の問題

高画質で記録を残したいと思うのは当然のことです。

しかしこの撮影の設定によっても、録画時間は大きく左右されます。

解像度など大きい撮影なら、それだけ容量を食います。

結果、録画時間も短くなってしまうのです。

撮影や録画の時間を出来るだけ伸ばすには

できれば撮影時間も録画時間も長くなって欲しいですね。

たくさんの思い出を撮影しておきたいのは、これは撮影者には共通の望みです。

バッテリーの持ちのいい機種を

機種によってのバッテリーの容量はやはりいささか違いがあります。

もちろん最新機種をと思うのは当たり前ですが、バッテリーの容量で機種を選ぶというのも1つの選択肢です。

最も大きく録画時間に関係してくるのが、このバッテリーです。

ただ充電の出来る状態での撮影なら、バッテリーチャージャーを持参すれば、途中撮影が途切れることがあるかもしれませんが、何とかはなりますね。

また予備のバッテリーをいくつか持っていくことによって、この問題はある程度解決できます。

microSDカードは質も大事に選択

カードについては、できれば32GB以上のものを選んでおきたいですね。

64GB辺りなら、余裕を持って使うことが出来ます。

とは言え新品のカードならともかく、そうでない場合は残量にも注意が必要です。

ついうっかりなど無いように気をつけたいですね。

またこのmicroSDカード、できれば質のいいものを選ぶことをおすすめします。

今では激安なカードも多く販売されていますので、ついそういった品をまとめ買いということもあります。

しかし安い品の場合、全てとは言いませんが、エラー報告が多いのも事実です。

加えて、容量だけでなく読み込み速度や書き込み速度も重要です。

特に4Kでの撮影の場合、これが大きく関係してきますので要チェックです。

まあmicroSDカードなどと言うもの、小さくて軽量なのでこれもいくつか予備を用意しておくのがおすすめです。

撮影設定については状況をよく見て

例えば4Kでの撮影と1080pの撮影を比べた時、後者は解像度が少なく済みます。

つまりこの設定を変えるだけで、録画時間も伸びるということです。

きれいな画像や記録を残したいと思うのはもちろんでしょうが、普通に記録を残す程度なら1080pの設定でも充分です。

他にも設定によっては、今度はバッテリーの消費量を上げてしまうものもあります。

必要以外の設定は録画時間に響きますので、できるだけ長時間撮影したい時には注意して下さい。

まとめ

GoProの場合、充電しての使用ですから録画時間もまたそのバッテリーの容量に左右されます。

これは誰でも注意しますし、確認するものです。

しかしそれ以外にも録画時間の長さに関係してくるものがあることも、記憶しておいてくださいね。

防水機能の充実したGoProは、プロのような水中撮影が初心者でもできる

防水機能の充実したGoProは、プロのような水中撮影が初心者でもできる

アクティブな動画撮影の必須アイテムとして、GoProは高い人気を持つアクションカメラです。

扱いのしやすさ、美しい映像など、動きのあるシーンのダイナミックな撮影が簡単にできる点が特徴です。

防水機能があり、水中撮影が自在に可能なこともGoProが重宝される理由になっています。

小型サイズと防水機能で水中撮影に便利なGoPro

GoProは、どのような場面の撮影にも対応できる優れた製品です。

水中のような悪条件の場所でも、4Kや5Kの非常に美しい動画が撮影できるため、海水浴、ダイビング、サーフィンなどを楽しみながら利用可能です。

広角のレンズによって、水中にいる魚の群れの迫力映像も残せます。

GoProがこのような水中撮影を可能にする理由は、製品自体に防水機能が備わっているからです。

機械を水に浸すことは心配になりますが、GoProであれば気にする必要はなく、水中撮影に縦横無尽な利用ができます。

水上などで撮影する際も、水による機械の影響を考える必要がありません。

利用が難しい悪条件であっても、GoProは小型サイズのため、取り扱いが簡単な点がメリットです。

水中での動画撮影は、GoProの利用がおすすめです。

水中の深い場所でも利用が可能

GoPro製品の中には、一部で防水機能が装備されていない機種もあるため、水中撮影をする場合は製品仕様をよく確認しておきましょう。

本体に防水機能がなくても、付属するハウジング(防水カバー)を利用すれば水中撮影が可能です。

製品自体に防水機能が付いている場合は、機種によってデフォルトで対応できる水深に違いがあります。

水深5メートルまでのものもあれば、10メートルまで可能な機種もあります。

本体独自でもある程度深い位置まで対応できるため、多くの水中撮影で問題なく活用できるでしょう。

ダイビングなどでさらに深い位置での撮影を行いたい場合は、ハウジングを取り付けることによって可能になります。

この場合であれば、水深40メートルまで対応できるほどの状態になるため、本格的な撮影にうってつけです。

さらに深い水深での撮影ができるハウジングの利用

本体自体に防水機能があるから問題ないと考えても、実際の水中撮影では、当初の予定とは違ってより深い位置になる場合もあります。

撮影可能な範囲を超える状況が考えられる場合は、ハウジングを取り付けることで、万が一の時にも対応できます。

もちろん、プールや海水浴での撮影程度であれば、深く潜ることはないため神経質になる必要はありません。

新製品を水につけることに気分的な抵抗がある場合にも、ハウジングを用意しておけば安心感が持てるでしょう。

撮影中のバッテリー切れに注意

GoPro撮影でありがちな体験として、撮影中のバッテリー切れがあります。

撮影に夢中になって、気がつけば電池が残りあとわずかになっているような状況です。

GoProは機種によってバッテリーの持続時間に違いがあり、使用機種ごとに確認しておくことが必要です。

また、使用環境によってもバッテリーの減り具合が異なります。

本格的な撮影になれば、当然GoProの稼働時間は長くなるでしょう。

様々な使用環境も、バッテリーの消耗に影響を与えます。

電池切れの事態を防ぐためには、充電用のモバイルバッテリーを携帯しておくか、予備のバッテリーを用意しておけば便利です。

GoProはコンパクトな大きさの引き換えとして、バッテリーの消耗度が早い部分があります。

せっかくの撮影が、バッテリー切れによって途中終了の事態になれば大きな後悔につながるため、事前の準備はしっかり行うことが大切です。

GoProでは水中撮影に使えるアクセサリーが充実しており、その面も準備万端にしておくことが必要です。

GoProのレンタルでコストを軽減

GoProは高画質で水中撮影にも適した機能を持つ製品ですが、その分価格は高めです。

撮影として継続的に利用するのであれば、費用対効果のとても高い使い方が可能です。

しかしめったに使用しない人や、レジャーや海水浴で緊急に必要になったような場合は、レンタルを利用すれば格安でGoProを楽しめます。

家電製品のレンタルを行っているサービスを通じて、GoProを一時的にレンタルすればいいでしょう。

レンタル料はサービス業者や製品ごとに比較して、適切なものを選ぶことが大切です。

家電製品のレンタルを利用する際に気になるのは、万が一誤って壊してしまった場合の補填です。

水中撮影のようなハードな使用をする場合は、なおさら気になるでしょう。

GoProは耐久性が抜群に優れていますが、それでも過失で壊してしまうようなケースも考えられます。

各レンタルサービスが用意している補填プランの内容を確認しておくことが必要です。

利用者に過失がない場合は、修理費を請求しないプランがあるかどうかを確かめておきましょう。

また過失で壊してしまった場合に、どの程度の修理費が請求されるのかも確認が必要です。

補填が充実していれば、レンタルを利用する上でとても安心感があります。

まとめ

GoProを利用した撮影は、陸上だけではなく、水中にまで動画撮影の幅を広げるメリットがあります。

水中や水上でアクティビティを趣味とする人も、迫力に満ちた高画質の動画が撮影できる楽しみが増えます。

充実した防水機能が備わっているからこそ可能なGoProの良さを実感することができるでしょう。

GoProの購入を考えているならGoProHERO8blackが圧倒的おすすめの理由

GoProの購入を考えているならGoProHERO8blackが圧倒的おすすめの理由

アクションカメラの代名詞と言われているGoProですが、毎年新しいシリーズが発売されています。

その中でも新モデルと言われるHERO8blackは従来のGoProとは設計なども変わってきており、形状やサイズ感など今までのGoProとは違います。

どこが変わったのか、なぜおすすめなのかを紹介していきます。

従来のGoProと変わったところ

フレームがない

HERO8blackの1つ前のHERO7よりも若干大きめ作られていますが、実際手に待つとそれほど大きさの違いはわかりません。

HERO7にはフレームがついていますが、新モデルにはフレームがないので、逆に小さく感じるかもしれまさん。

フレームレスで使いやすくなっただけでなく、本体の底をみると折りたたみ式のマウントリングがあり、使わない時は本体にしまうことができるので、これまでの面倒な作業が少し軽減されました。

バッテリーやメモリーカードを交換する時は従来のモデルより少し手間取る事もあり、本体の側面に新しく取り付けられていますがとても狭いので、手が大きい人だとmicroSDを出し入れする時に少し苦労するかもしれません。

またレンズのデザインも新しくかわったので、今まで使っていたのを取り付けることができなくなりまし。

ですが、ガラスが強化ガラスに変わったこともたり、過酷な条件で使用する方には購入をおすすめできます。

拡張アクセサリーが豊富

これまでのGoProはアクセサリー類というとカメラ本体に取り付けて撮影の幅を広げるというのがほとんどでしたが、GoPro HERO8blackで発表したアクセサリー類はこれまでのモデルのものとは全然違うアクセサリーになっています。

それがモジュラーと言われている3つの製品で、メディア・ライト・ディスプレイモジュラーの3つがあります。

1つづつ説明していくとメディアモジュラーはマイクであったりHDMIの出力の役割があり、ライトモジュラーはLEDライトをもっており、距離が近い被写体の撮影をする時にフラッシュのような役割を果たします。

最後にディスプレイモジュラーはGoProを自分側に向けた時でも自分の映る姿を確認できるような機能を搭載しています。

従来のGoProと性能の違い

手ブレ補正が進化

従来モデルでも手ブレ補正はしっかりとされていましたが、HERO8blackではさらに手ブレ補正を向上させたHyperSmoothが搭載されています。

色んな撮影をすると思いますが、主にアウトドアやマリンスポーツで使うことが多いGoProは振動が多々あるシチュエーションがほとんどだと思います。

動画を撮影する時にブレてしまうと視聴者からすればあまり気分がいいものとはいえません。

その手ブレを抑えた動画を撮影するとに有効と言われてきたのが、ジンバルですが、それに限りなく近い状態で手ブレ補正をしており、さらに性能を向上するためにHyperSmooth2.0を搭載したいるのがHERO8blackです。

滑らかな映像が撮れる

先程手ブレ補正でHyperSmooth2.0を搭載しているといいましたが、従来のものだとで急な振動が生じてしまった時に自然な手ブレ補正のような効果を体感することはなく、どことなく不自然な映像になる事が大半でした。

ですが、HyperSmooth2.0を搭載しているため、急な振動に対しても不自然に見えることがない手ブレ補正があるので、撮影も自然なになめらかな映像が撮る事ができます。

手ブレ補正を段階調整することが可能

HyperSmooth2.0が追加されたことで新機能の手ブレ補正交換をオンオフだけでなく高、ブーストと4つの中から自分で選ぶことができるようになりました。

従来のHyperSmoothは例えばビデオの安定性を優先してしまうと、動画の記録として解像度どあったりフレームレートを犠牲にしてしまう組み合わせになっていましたが、その問題を解決して、どのフレームレートであっても解像度であっても交換を体感できるようになっています。

1つ注意点としてブーストはその中でもより強い手ブレ補正を実現できるモードになります。

それを選択した場合に限りなく、フレームレートと解像度が制限されてしまうので、かなりの振動が生じる事が多い撮影をするのでなければできるだけ使用をさせることがベストです。

タイムプラスの可能性が広がる

従来のGoProにも新機能として搭載されていたタイムプラス撮影ができるようになった新機能がTimeWarpですが、それをさらに向上しタイムプラス撮影の速度を自動的に調節してくれる昨日がHERO8blackには搭載されています。

従来であれば、TimeWarpは自分で2倍など速度を指定する必要がありましたが、どの速度を選べばどれぐらいな動画になるのか、どれぐらいの速さで動くのか判断が難しかったです。

ですが、HERO8blackに搭載されているTimeWarp2.0はカメラ側が自動的に調節をしてくれるので、撮影前に指定して確認したら速すぎた、遅すぎたなどの失敗をすることがありません。

もちろん手動で指定して撮影をすることもできるので、好きな方で選べるのがHERO8blackのいいところです。

まとめ

世代ごとに変わっていくGoProは毎年新しいシリーズが出ていますが、もし今GoProの購入を検討しているならGoPro HERO 8 blackが圧倒的におすすめです。

これまでのGoProも性能は素晴らしかったですが、さらにその性能を上回る機能を搭載しておいるので、よりアクティブな動画を撮ることもできます。

GoProに必要不可欠なスタビライザーの選び方4選を紹介

GoProに必要不可欠なスタビライザーの選び方4選を紹介

アクションカメラの代名詞になっているGoProは外でアクティビティで迫力ある動画をとる時によく使うと思います。

撮影した映像をいかに綺麗に美しく残すために防ぎたいのは手ブレだと思います。

せっかく綺麗に迫力ある映像がとれても手ブレしてしまっては努力も水の泡ですし、何より魅力が半減してしまいます。

そんな手ブレを大幅に軽減させるスタビライザーの選び方を紹介していきます。

スタビライザーとは

スタビライザーと言うのは持ち手がブレてしまったもカメラのバランスをら保つことで手ブレを防いでくれる、安定化装置のようなものです。

よく映画を見る人なら分かると思いますが、とてもなめらかに視点を移動しながら撮影している映像が多いと思いますが、そういうシーンの映像はスタビライザーを使えば素人でも撮影することができます。

スタビライザーを使って撮影すると低空を滑空しているような映像と言われており、宙に浮くように感じせないように撮る事ができます。

これには大きく2種類あり、機械式と電気式があります。

機械式スタビライザー

機械式というのは、やじろべえのようなもので、その原理を活用しながらGoProを水平に維持してくれるのもです。

重りや装着する位置を自分で調整することで、一点に重点を集めてカメラ本体を安定させています。

少し複雑な構造になっているので、メリットとしては安く買うことができますが、デメリットとして細かい所まで調整する必要があるので、初心者の方には操作が難しいです。

基本的に重いモデルであったり、大きさが大きいため、あちこち移動しながら持ち運ぶとなると少し不便に感じることがありますが、昔はスタビライザーといえばこの機械式だったので、信頼は出来ます。

電気式スタビライザー

電気式は機械式とは仕組みが全く異なり、GoProを水平に保つため感知装置がと元から内蔵されているので、モーターを使って自動で水平を維持するように調整してくれるので、電子機器になります。

調整がとても簡単なので、買ってすぐに初心者の方でも使う事ができますし、軽量かつ小型化されているため機械式とは違い持ち運びに便利という点です。

1つデメリットを上げるとすれば機械式よりも値段が高いということ以外は使いやすさ、持ち運びに便利などメリットがたくさんあります。

GoProのスタビライザー

GoPro用のスタビライザーは圧倒的に電気式を使っている事が多いですが、機械式であってもGoPro対応のモデルがあります。

GoProは外で色んな動きであったりアクティブな動画または景色を撮影する方がほとんどのでが、その時に調節が簡単で持ち運びに便利な電気式スタビライザーの方が相性がいいです。

GoProを使って快適な撮影をしたいと思っているのであれば、電気式を買うことをおすすめします。

スタビライザーの選び方

持ち運びの良さ

買ってからどんな環境で撮影をすることが多いかをしっかり考えてから持ち運びに便利なモデルを選んで買うのがおすすめです。

大きくかさばってしまったり、重さがあるほうが安定して撮影できるようにも思いますが、実際に撮影するシーンを考えるのであれば、できるだけコンパクトで軽量のスタビライザーの方がいいです。

持ち手のグリップと装着する部分を基本にしてシンプルな作りになっていてもスタビライザー自体の機能がそこまで大きく変わることはありませんが、あまりにも値段が安すぎたり、パッと見が安っぽいのもを買ってしまうと、すぐに壊れてしまったり機能もイマイチということも多いので、できるだけ避けるようにしてください。

バッテリー

もし電気式のスタビライザーを買うのであれば気をつけたいのがバッテリーになります。

電気式は電子機器と同じような扱いになるため、最新モデルと少し型落ちしたモデルでは値段だけでなく、バッテリーの駆動時間が違ってきます。

途中でバッテリーがきれてしまって、スタビライザーなしで撮影するはめになったという事を防ぐためにも買う前にバッテリーの駆動時間はしっかりと見ておいてください。

もし初心者であれば頭の中でイメージしていてもそれと同じように撮影できるとは限りません。

そのため最低でも何時間は動いてもらわないとという基準を決めて買うほうがいいです。

ですが、携帯と同じようにモバイルバッテリーを持ち歩けばある程度駆動時間を伸ばすことができるので、使い方によってはあまり気にしなうても良さそうです。

持ち手のグリップ

グリップとう細かいところですが、このグリップ感も選ぶ時には大切で、手持ちで撮影をする時に撮影する時間が長ければ長いほど握っている時間も比例してくるのでらグリップ感を見ておいて損はないです。

スタビライザーによっては、ゴムで作られたものもあれば、プラスチックや金属で作られたものもあるので、これから購入を検討しているのであれば、ゴムでしっかり作られているものを選ぶのがおすすめです。

互換性のあるGoPro

GoProとの互換性があるかどうかはしっかりと確認しておく方がいいです。

せっかくお金を出して買ったのに互換性がなかったとなればショックも大きいです。

ネットなどで調べてみると詳しく書かれているので確認は簡単にできます。

まとめ

GoPro用のスタビライザーでも種類がありそれぞれ特徴も違ってきます。

まだ手元にお持ちでない方は使用用途を確認しながら手ブレが少なく綺麗な映像を撮るためにも、選び方を参考にしながらピッタリのものを選んでみてください。

GoProに必要なスタビライザー おすすめ5選を比較して紹介

GoProに必要なスタビライザー おすすめ5選を比較して紹介

GoProの手ブレを抑えてくれる安定化装置の役割をするのかスタビライザーです。

電動式素晴スタビライザーはとても人気がありたすが、値段もかなり高くGoProよりもいい値段がする物もあります。

そこで今回はどんなスタビライザーがおすすめかのか5つ紹介していきます。

GoProのスタビライザーおすすめ5選

Karma Grip

これはGoPro用に開発されたGoPro専用の純正スタビライザーになります。

純正品になるので、安心感と便利さがおすすめで、GoPro HERO5ブラックやSession、HERO4blackなど他のGoProもフルコントロールできるだけでなく内蔵バッテリーが搭載されており2時間は使うことができます。

外でアクティブな撮影に使うことだけでなく日常的なシーンにも使うことができます。

カメラの装着など挙動が安定していてスムーズですし、使いやすさがいいです。

電源のオンオフやモードを切り替えるなど色んな操作を簡単に手元でできるのもいいですし、純正なので、もし不具合が起こってもGoProからのサポートを受けることができるので、安心して使えるのがおすすめポイントですよ。

また色んなアタッチメントとの互換性も高いため、装着して使えるなど自由にカスタムすることができます。

クチコミではたまに1部の動作音が大きく感じることがあら撮影に影響があると言っている方もいますが、GoPro自体の音声性能はそれほどよくないのであまり気にしなくていいですよ。

初心者の方には2時間の駆動時間が短いかもしれないので、モバイルバッテリーを持ち歩くようにするといいですよ。

Feiyu Tech G6

これは最近のスタビライザー開発でも世界をけん引していると言われている注目スタビライザーで、自動制御機器メーカーが発売している物になります。

専門性と高品質、継続的改善をモットーにしている優良な企業が作っており、丁寧に作りこんでいるモデルになります。

専用のアプリで遠隔操作もできますし、ムービングタイムラプス機能などもついており多機能性があります。

駆動時間も6~8時間という長時間ですし、3脚を取り付ける事を可能にしており、お客様目線の使い勝手の良さがあります。

Amazonでも取り扱っておりユーザーの評価もとても高いそうで、本当に品質のいい製品だというのが分かると思います。

サポートに関してもしっかりしているそうですし、絶対に純正品じゃないとダメだというこだわりがなければ有効に使えますよ。

Zhiyun Smooth4

スマホガジェットの開発で急激に成長をしえいるZhiyun社から発売されているスタビライザーで、その中でも最新モデルSmooth4でになります。

1つ前のモデルにあったSmooth-Qという機種もあり、これは高機能なのにはリーズナブルな価格を実現したと言われており、電子スタビライザーでは一躍ブームを巻き起こしたモデルになります。

Smooth4はその後継機器ということで、料金は1つ前のリーズナブルな価格そのままで、性能だけを上げているといわれていたため、発売前からとても人気がありました。

このスタビライザーはスマホで利用されるモデルになりますが、GoPro用のアダプターを取り付けることでGoProに使うこともできます。

最大の特徴としてはやはりコスパの良さが凄くて、価格は1万円代で購入てまきるにもか変わらず品質が高く、3軸カメラでも安定かをはなる為に色んな方向性からくる振動にもしっかり対応されています。

そしてく駆動時間がはさいだい12時間とうのともあり、長時間の撮影にもは便利です。

昨日と品質は1等級でスタホとGoProどちらでも使い出さたい方におすすめでよ。

hohem

このスタビライザーは色んな撮影機能をため閉めるといわれており、中国のベンチャー企業が開発しているもので、毎年質のいい商品を発売しています。

GoProHEROの3.4.5.6に対応している対応力があり、3軸制御で手ブレを強力補正できる機能が搭載されており、180℃・360℃のパノラマ撮影できる機能も搭載しています。

また内蔵バッテリーを駆使して使えば4時間撮影することもできるので、長時間の撮影をする方にもおすすめです。

スタビライザー初心者でも使いやすく、動作が安定しているのが魅力で、同じようなランクのスタビライザーの中でも最安値といわれており、入門機として最適です。

VEROMAN

軽くて丈夫なのにリーズナブルな価格を求めている方におすすめのスタビライザーが、VEROMANです。

のれは電子制御でなく手動で調整しながら安定した撮影ができるスタビライザーなので、電子スタビライザーよりもより安く買うことができます。

アルミニウム合金を使っているので軽量な上丈夫な作りになります。

これはら海外製品になりますが、説明書は日本語のものも入っているので、使い方に困ることはありません。

まとめ

スタビライザーにそれぞれメーカーによって機能や駆動時間価格なども異なるものが多いです。

初心者入門から買い替えを検討している方にもおすすめなスタビライザーが沢山あります。

GoProでの撮影で手ブレを抑えながら楽しんでみてください。