防水機能の充実したGoProは、プロのような水中撮影が初心者でもできる

アクティブな動画撮影の必須アイテムとして、GoProは高い人気を持つアクションカメラです。

扱いのしやすさ、美しい映像など、動きのあるシーンのダイナミックな撮影が簡単にできる点が特徴です。

防水機能があり、水中撮影が自在に可能なこともGoProが重宝される理由になっています。

小型サイズと防水機能で水中撮影に便利なGoPro

GoProは、どのような場面の撮影にも対応できる優れた製品です。

水中のような悪条件の場所でも、4Kや5Kの非常に美しい動画が撮影できるため、海水浴、ダイビング、サーフィンなどを楽しみながら利用可能です。

広角のレンズによって、水中にいる魚の群れの迫力映像も残せます。

GoProがこのような水中撮影を可能にする理由は、製品自体に防水機能が備わっているからです。

機械を水に浸すことは心配になりますが、GoProであれば気にする必要はなく、水中撮影に縦横無尽な利用ができます。

水上などで撮影する際も、水による機械の影響を考える必要がありません。

利用が難しい悪条件であっても、GoProは小型サイズのため、取り扱いが簡単な点がメリットです。

水中での動画撮影は、GoProの利用がおすすめです。

水中の深い場所でも利用が可能

GoPro製品の中には、一部で防水機能が装備されていない機種もあるため、水中撮影をする場合は製品仕様をよく確認しておきましょう。

本体に防水機能がなくても、付属するハウジング(防水カバー)を利用すれば水中撮影が可能です。

製品自体に防水機能が付いている場合は、機種によってデフォルトで対応できる水深に違いがあります。

水深5メートルまでのものもあれば、10メートルまで可能な機種もあります。

本体独自でもある程度深い位置まで対応できるため、多くの水中撮影で問題なく活用できるでしょう。

ダイビングなどでさらに深い位置での撮影を行いたい場合は、ハウジングを取り付けることによって可能になります。

この場合であれば、水深40メートルまで対応できるほどの状態になるため、本格的な撮影にうってつけです。

さらに深い水深での撮影ができるハウジングの利用

本体自体に防水機能があるから問題ないと考えても、実際の水中撮影では、当初の予定とは違ってより深い位置になる場合もあります。

撮影可能な範囲を超える状況が考えられる場合は、ハウジングを取り付けることで、万が一の時にも対応できます。

もちろん、プールや海水浴での撮影程度であれば、深く潜ることはないため神経質になる必要はありません。

新製品を水につけることに気分的な抵抗がある場合にも、ハウジングを用意しておけば安心感が持てるでしょう。

撮影中のバッテリー切れに注意

GoPro撮影でありがちな体験として、撮影中のバッテリー切れがあります。

撮影に夢中になって、気がつけば電池が残りあとわずかになっているような状況です。

GoProは機種によってバッテリーの持続時間に違いがあり、使用機種ごとに確認しておくことが必要です。

また、使用環境によってもバッテリーの減り具合が異なります。

本格的な撮影になれば、当然GoProの稼働時間は長くなるでしょう。

様々な使用環境も、バッテリーの消耗に影響を与えます。

電池切れの事態を防ぐためには、充電用のモバイルバッテリーを携帯しておくか、予備のバッテリーを用意しておけば便利です。

GoProはコンパクトな大きさの引き換えとして、バッテリーの消耗度が早い部分があります。

せっかくの撮影が、バッテリー切れによって途中終了の事態になれば大きな後悔につながるため、事前の準備はしっかり行うことが大切です。

GoProでは水中撮影に使えるアクセサリーが充実しており、その面も準備万端にしておくことが必要です。

GoProのレンタルでコストを軽減

GoProは高画質で水中撮影にも適した機能を持つ製品ですが、その分価格は高めです。

撮影として継続的に利用するのであれば、費用対効果のとても高い使い方が可能です。

しかしめったに使用しない人や、レジャーや海水浴で緊急に必要になったような場合は、レンタルを利用すれば格安でGoProを楽しめます。

家電製品のレンタルを行っているサービスを通じて、GoProを一時的にレンタルすればいいでしょう。

レンタル料はサービス業者や製品ごとに比較して、適切なものを選ぶことが大切です。

家電製品のレンタルを利用する際に気になるのは、万が一誤って壊してしまった場合の補填です。

水中撮影のようなハードな使用をする場合は、なおさら気になるでしょう。

GoProは耐久性が抜群に優れていますが、それでも過失で壊してしまうようなケースも考えられます。

各レンタルサービスが用意している補填プランの内容を確認しておくことが必要です。

利用者に過失がない場合は、修理費を請求しないプランがあるかどうかを確かめておきましょう。

また過失で壊してしまった場合に、どの程度の修理費が請求されるのかも確認が必要です。

補填が充実していれば、レンタルを利用する上でとても安心感があります。

まとめ

GoProを利用した撮影は、陸上だけではなく、水中にまで動画撮影の幅を広げるメリットがあります。

水中や水上でアクティビティを趣味とする人も、迫力に満ちた高画質の動画が撮影できる楽しみが増えます。

充実した防水機能が備わっているからこそ可能なGoProの良さを実感することができるでしょう。